新百合ヶ丘の葬儀で失敗しないコツ!生前予約や当日のマナーは要確認

新百合ヶ丘の葬儀で失敗しないコツ!生前予約や当日のマナーは要確認

葬儀と結婚式が新百合ヶ丘で同じ日にある時の考え方

骨箱を持つ男性

新百合ヶ丘で葬儀と結婚式の日がかぶってしまう時もあります。そのような時にはどうしたらいいのか迷うものです。ここでは葬式と結婚式が同じ日の場合の考え方について知りましょう。
・結婚式よりも葬儀に参加する
葬式と結婚式が同じ日に行われる時には、どちらに参加するべきか迷う人もいます。その時には結婚式よりも葬式を優先するほうがベターというのが一般的な考え方です。これから結婚する新郎や新婦ならまたいつでも会う事ができます。それに個人的にご祝儀やお祝いの品を後日渡して、改めて挨拶もできます。しかし、亡くなった人との最後のお別れをする葬儀に参加する機会は1度しかないものです。このような理由から結婚式よりは葬式に参加するべきと言えます。
・親族の結婚式の時
葬儀側の人が関係性の薄い人の場合で、さらに親族の結婚式があるケースではこれから先、長い付き合いになる親族の結婚式に参加しても良いとする考え方もあります。
・時間が異なる時はどちらも参加する
時間が異なる事から、新百合ヶ丘での結婚式、新百合ヶ丘での葬式の両方に参加する事が可能ならば、どちらも行くという選択肢もあります。ただし、例えばお祝いの席の後にお悔やみの場に行くのは、良くない事ではないか、と思う人もいるでしょう。しかし、人との縁を大切にするために行われるのが結婚式であり、葬式である事から、気にする事はありません。何らかの式典が行われる時には、それぞれの人の事情があります。結婚式と葬式が同じ日の場合は何を優先するのか、総合的に考えてみましょう。

ピックアップコンテンツ

数珠と懐石料理

新百合ヶ丘で葬儀に行く時の化粧のポイント

新百合ヶ丘での葬儀において化粧はどうするべきか、多くの人が悩みます。葬儀という場所においてマナー違反ではないメイクとは、どうすればいいのでしょう。 ・葬式の時は薄化粧にするべき 葬式の場では、化粧は薄化粧がふさわしいです。しかし全くメイクをしないという事は新百合ヶ丘での葬儀に限らずマナー違反ですから、最低限度の化粧はするべき…