新百合ヶ丘の葬儀で失敗しないコツ!生前予約や当日のマナーは要確認

新百合ヶ丘の葬儀で失敗しないコツ!生前予約や当日のマナーは要確認

新百合ヶ丘での葬儀にさしていく傘のマナーを知ろう

のし袋と五千円札

新百合ヶ丘で葬儀に参加する日が雨の時もあります。もちろん傘をさしていく事になりますが、その時にはどんな傘をさしていけばいいでしょうか。
・傘の色は黒色
葬式は突然決まる事が多いので、黒色の傘がなくて、カラフルな色しか持っていないという人も多くいます。しかし、葬儀の時には雨が降っていても、会葬者は出棺の時にお見送りするのが普通です。その時に派手な傘をさしていては、場違いです。ですから可能な限りは黒色の傘がいいでしょう。また、黒色の傘を持っていない時には新百合ヶ丘のコンビニなどでも売っているビニール傘もマナー違反にはなりません。
・柄ものは良くない
傘は黒色である事が基本になりますが、仮に黒色を持っていくにしてもただ黒ければいいのではありません。例えば黒色に赤色のハート柄があるおしゃれな傘や、黒色にドクロマークが入っている傘などはしてはいけません。これは新百合ヶ丘に限らず、ごく一般的な常識事項です。
・会場に行く時にカッパや長靴は容認されるか
雨が激しい時や靴に水が染み込んでしまう日などでもバイクで移動する人もいます。そのような場合、黒色の長靴やカッパで葬式会場に行ってもいいのでしょうか。基本的には大丈夫です。しかし、会場に着いたら靴は履き替える必要があります。もちろんカッパはすぐに脱ぎましょう。
葬儀はいつ起こるか分かりにくいので、できれば黒色の傘を準備しておくと、いつ葬儀があっても慌てないで済みます。

ピックアップコンテンツ

数珠と懐石料理

新百合ヶ丘で葬儀に行く時の化粧のポイント

新百合ヶ丘での葬儀において化粧はどうするべきか、多くの人が悩みます。葬儀という場所においてマナー違反ではないメイクとは、どうすればいいのでしょう。 ・葬式の時は薄化粧にするべき 葬式の場では、化粧は薄化粧がふさわしいです。しかし全くメイクをしないという事は新百合ヶ丘での葬儀に限らずマナー違反ですから、最低限度の化粧はするべき…